in Philadelphia
初めての海外生活日記


プロフィール


cheese steak

Author:cheese steak
2009年夏から約2年間、Pennsylvania大学のビジネススクール《wharton》に留学する夫に付き添って、初めての海外生活が始まります!!

楽しいこと、大変なこと、沢山の新しい経験を通して、見たこと、感じたことを綴ります。

まずは愛すべき日本の生活と、そして渡米準備から Let's start!!



最新記事




最新コメント




最新トラックバック




月別アーカイブ




カテゴリ


未分類 (53)
生活 (24)
文化 (2)
友達の輪 (16)
買物 (3)
食 (5)
準備 (1)
芸術 (5)
MBA繋がり (17)
旅行 (25)
スポーツ (7)
学習 (2)
料理 (19)
楽しみ (25)
習い事 (7)
妊娠ライフ (9)
ベビー生活 (4)


検索フォーム




RSSリンクの表示




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



QRコード


QRコード


--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2010.06.03  定期健診その③~in France~ <<16:44


昨日は4週に一度の定期検診の日。
ここフランスでどうなることやら???と心配してましたが、現INSEADの日本人の奥様から、英語の話せるドクターを紹介していただけ、アポもとれて準備万端で臨むことができました!

ここFontainebleauには大きな病院が一つありますが、出産でない限り個人のドクターの診療所へ行きます。
先生は豪快だからビックリしないでねッ、とアドバイスいただいていたので心構えもOK(笑)!
テキッパキッとした頼りがいのある女医先生で、息つく暇なく話します でも夫がいたので大丈夫。

フランスはアメリカとはまた違う数え方をするみたいです。
更にアメリカでは、生魚はもちろん、魚自体、水銀を含んでいるからという理由で、食べる量を制限されていましたが、ここフランスは生野菜に注意、とのこと。
土に付く菌が良くないようで、外食では火を通したものを食べるように言われました。
野菜で栄養!と散々これまで食べちゃったけど…。でも慌てず、まずは血液検査と尿検査でチェック。抗体があれば、食べていいそうです。

まずは問診を受け診察室へ。
と、期待していなかった超音波の登場に私も夫もニンマリ(笑)。
超音波は2回だけ、なんてアメリカぐらいなのかなぁ~?
16週一日前の赤ちゃんは???

見えました!頭にお腹、腕も足もはっきりと!
すると、ドクターから思いもよらない一言が!?『性別知りたい?』
あまりにビックリで思わず私も夫も言葉を詰まらせ…、『Yes…』
こんな早いタイミングで分かるとは!?
女の子♪だそうです

私は母親の感(あるんでしょうか?<笑)から、ずぅ~と女の子だと言い続けていたので、やっぱり~ッ!的中ーッ!といった具合。
一方夫も喜びながらも、二人で勝手に男の子の名前をつけていたので、なんて呼べばいいんだぁ~!とちょっと複雑そうでした(笑)。

ドクターNは超音波を専門としている先生で(知りませんでしたが)、超音波だけを受けによその患者さんも来るとのこと。
よく女の子と思ってたら男の子だった、というパターンも聞きますが、これだけ自信たっぷりに言われたので信じようと思いますッ♪

P1020836.jpg
3Dで立体画像も見せてくれました!今回は3Dの顔の画像と、何故か足のアップ(笑)をもらいました。
左から脚の付け根、膝、脚先です。
体長11㎝。全体にしてはスラッとした美脚(笑)。
私の短くて太めな脚とは違うので、脚は夫似かなッ(笑)。

7月は旅行で放浪予定なので今月もう一度、29日が検診となりました。



No.183 / 妊娠ライフ / Comment*0 // PageTop▲

2010.05.05  定期健診その② <<21:45


今日はドキドキの4週に一度の定期検診!

ブログで書くようになって、久々に会社でお世話になったAさんからお葉書をいただきました♪
おめでとう!と温かいお便りに感激です
嬉しいことにAさんも現在妊婦さん。7月にママになるそう!同じ学年ですね~っ♪
戻ったら一緒にチビちゃんを遊ばせるのを楽しみにしています!
ただ悲しいことに携帯メールしてもどうしても戻ってきちゃいます…。
図々しくもEメールもお待ちしています!

IMG_5447.jpg
さてさて今日は2つの検診。
一つは通常の定期検診、もう一つは任意のダウン症などのチェックをする検診です。

午前一つ目の検診は無事に終了。
超音波は2回だけなので、心音の確認のみ。その他はこちらの質問に対してドクターが答えてくれます。
IMG_5458.jpg

どうしてもこちらで処方されるサプリメントが一つ目(左)=粒が大きくて気分が悪くなる、二つ目(中央)=噛むタイプ、味がどうしてもダメ…、というわけで今回は子供用のサプリ(右)を勧めてもらいましたー(笑)。これなら甘くて続けられそうッ。ホッ…

午後二つ目。
この検診には超音波があります。アメリカでの貴重な超音波。果たしてベビーは大きくなってるかな?とドキドキ。
とはいえ趣旨はベビーに問題がないかどうかを調べるもの。
事前にダウン症の程度の段階毎の発生率や、追加検査が必要な場合、その後の選択など、シリアスな内容も説明されました。
結果はきちんと受け止めなければならないので、ちょっと神妙な気持ちに。
行う検査は超音波での細かい測定(ベビーの首の辺りの液体を調べたり)と血液検査です。

そしていよいよ。果たして11週末のベビーは…???

なぁ~んと元気!ジッとしていられないようで、常に動きまわってました!
そして衝撃の映像はこちら。

IMG_5457N.jpg
左の大きいのが頭。親指をくわえてます(笑)。
こんなポーズ、こんなに小さいうちからするんですねぇ~!ビックリ!
頭と胴体(と足)のわずか3等身ながら、親の眼にはとっても可愛く見えるものです(笑)。
サイズを聞いたらまだ6㎝だそうです。ちっちゃ~い!

ドクター曰く、血の塊があったとのことですが出血していないなら問題ない、とのことでした。ホッ…。

今回の検診はほぼ1日がかりでしたが、夫に付き添ってもらい(通訳係のようでゴメンネ、でもありがとう もちろん電話の同時通訳などきちんと方法はあるそうです)無事に終了!
フランスで病院にかかるためのカルテのコピーもいただきました。
まだ胎盤は完成していないので(つわりもあるし…)、無理せず過ごしていこうと思います!

No.175 / 妊娠ライフ / Comment*4 // PageTop▲

2010.04.17  最近のわたし <<15:20


9週目を迎えました。
日本でいえば3ヶ月目。でもアメリカの数え方ではまだ2ヶ月目。
まだ安定期には到達しないものの、記録として残そうと思います!

つわりがスタートした先月下旬からブログを書く元気がなくなり、本に書いてあるような船底にいる気分を味わっていました…(涙)。

何をしたら気分が紛れるのかも手探りの状態で、ひたすらフルーツを買いこんでは手当たり次第食べてみたり、でも途中で食べたくなくなったり。
初めての体調の変化に自分もどうしたらいいのか分からなかったのだと思います。

現在つわりピークと言われる時期ですが、体もそんな体に慣れてきたのか、元気に過ごしています

天気の良い日は出歩いてみたり♪

この4月くらいまでは嫌なことはしない(料理はニオイでNG)、でもやりたいことはやる、疲れたら休む、と夫の協力の下、ワガママ生活を決め込んでみたら気持ちはスッキリ~(笑)。

寝る直前と朝は気分が悪いことは多いのですが、酷いつわりの人は本当に何もできないそうなので、まだ軽い方だと言い聞かせて、気分の良い時は積極的に動こうと思います!

食べ物マイブームは下記のような変遷をたどってます(笑)。

第一期(オレンジ・イチゴ・ホットはちみつレモン・お茶漬け・おにぎり・トマト)⇒第二期(シリアル・ヨーグルト・グレープ・グレープフルーツ・レモネード・フライドポテト・食事は比較的何でもOK)

食べたから気持ち悪くなるわけではないことがわかり、最近は何でも口に入れています♪
あれほど毎日のように食べていたチョコレートに魅力を感じなくなったのは自分でもビックリですが…(笑)。
12週で一息つくらしいので、それまでもうちょっと、自分の体調と上手に付き合っていこうと思います☆☆☆

現在、7月の最大にして最後!?地中海のクルーズ計画に気分が上がってま~す


No.169 / 妊娠ライフ / Comment*0 // PageTop▲

2010.04.08  初検診 <<10:55


3月25日に大学のStudent Health Serviceで簡単な問診を受けた後、4月6日(火)は今後通院する病院の初検診。
妊婦として検診自体初めてだし、更にアメリカで病院に行くのも初めて。ドキドキです
もちろん、心強いことに夫が付き添ってくれてました。

IMG_5330.jpg

血液検査とかいっぱい血を抜かれちゃうんだろうなぁ~、と思っていたのに初診は特になし。別途自分で他の場所で血液採取の予約をとるシステム。
看護師さんから全体の流れの説明を受けた後(こんな早口の人、いるのかっていうくらい早くって、私にはさっぱり理解できません)、ドクターの診察待ち。
日本の産婦人科と違い、各診察室に診察台なども備えられていてます。どんな診察をするのか不明のまま、体重や血圧をチェックした後は、診察着に着替えさせられました。そしてそのまま待つこと30分以上…。途中忘れられちゃったかと不安になりましたが、ようやくドクターの登場!

と、ビックリ!ドクターは妊婦さん!?
2年生の奥様から教えていただいたドクターAは、評判通り感じの良い人。でもまさかこんなに若くて更に妊婦さんとは知らなかったのでちょっとビックリ。そして担当医もすぐに変わるんだろうなぁ、と不安がよぎりました。。。案の定、次の検診はAだけど、それ以降は誰かに引き継ぐとの話。まぁ、どの先生でも問題はないのでしょうが。

内診が終わり、次は超音波!?アメリカは日本と違い、毎回超音波はやってくれないようで、それも計2回のみ。どの過程で一回目か知らなかったので、ちょっとしたサプライズでワクワクです!
すると5週目の段階で、まだお部屋しかできてなかったのに、7週と5日目。はっきりとは映らなかったものの、頭でっかちなベビーの影がみえました!そして、ドクッドクッとしっかり打つ心音も確認!これにはそばにいた夫と共に感動!

酷くはないとはいえ、ここのところつわり症状で気もふさぎがちだったので、ベビーが元気なことを知れて、まだ先の長い妊婦生活を前向きに考えられるようになりました!
次の検診は5月5日。それまでに、血液検査とダウン症などの精密検査があるようです。5月の7日か8日には渡仏を控えているので、4月中はなにかとバタつきそうですが、体調をみながら準備をしていこうと思います。

No.163 / 妊娠ライフ / Comment*0 // PageTop▲

<<Prev Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。