in Philadelphia
初めての海外生活日記


プロフィール


cheese steak

Author:cheese steak
2009年夏から約2年間、Pennsylvania大学のビジネススクール《wharton》に留学する夫に付き添って、初めての海外生活が始まります!!

楽しいこと、大変なこと、沢山の新しい経験を通して、見たこと、感じたことを綴ります。

まずは愛すべき日本の生活と、そして渡米準備から Let's start!!



最新記事




最新コメント




最新トラックバック




月別アーカイブ




カテゴリ


未分類 (53)
生活 (24)
文化 (2)
友達の輪 (16)
買物 (3)
食 (5)
準備 (1)
芸術 (5)
MBA繋がり (17)
旅行 (25)
スポーツ (7)
学習 (2)
料理 (19)
楽しみ (25)
習い事 (7)
妊娠ライフ (9)
ベビー生活 (4)


検索フォーム




RSSリンクの表示




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



QRコード


QRコード


--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2010.08.23  Yellowstone National Park その② <<18:34


バイソン騒ぎのヘイデン・バレーの南端はマッド・ボルケーノ一帯。
イエローストーン名物の熱水現象の一つ、マッドポッドを見ることのできるエリアです。

イエローストーンと呼んでいる地域全体がかつて巨大な火山の一部だったそうです。この火山は過去3回大噴火(約200万年前、120万年前、60万年前)をしています。園内で見ることのできる一万ヵ所に及ぶ熱水現象は、火山現象が過去のものではなく現に活動の真っ最中であればこそ!イエローストーンは北米大陸の中でも最も地殻運動が活動的な地域なのです。
イエローストーンに降った雨や雪は、約500年かけて透過性の岩盤を通り地下深くしみ込んでいきます。地下3000mに達すると水は260℃以上の高温で熱せられますが高圧のため気化することができません。そして岩盤の割れ目を急上昇します。これが熱水現象。

ここマッド・ボルケーノーでは熱水に泥や不溶鉱物が混じって地上に出てくるマッドポッドがいくつもあり、ボコボコ音を立てて沸騰するその一帯からは湯気が立ち昇ります。

P1060254.jpg
P1060258.jpg
P1060266.jpg
P1060272.jpg
P1060274.jpg
P1060296.jpg
P1060294.jpg
P1060292.jpg
P1060284.jpg

アメリカではお馴染のようですが、初めてチップモンクと対面!小さくて可愛い~!

P1060286.jpg

次はキャニオンカントリー。
イエローストーン国立公園の名は、このキャニオン=イエローストーン大峡谷に由来しています。流紋岩が硫黄を含んだ熱水と蒸気でもろくなり黄色く変色。更に川の浸食により、長さ32㎞に渡る黄色い絶壁を作り上げ、見事な景観!
湖から流れ出たイエローストーン・リバーがヘイデン・バレーの草原を下り、この峡谷に入り、その流れは2つの滝(アッパー滝、落差33m/ロウアー滝、落差93m)となっておちます。この滝の両側の絶壁がキャニオンです!

アッパー滝を眺めた後、ロウアー滝の滝つぼ近くまで続く階段を下りて行きます。結構急でスリリングッ!ちょうど虹がかかってました♪眺めも最高ーッ!

P1060330.jpg
P1060339.jpg
P1060343.jpg
P1060344.jpg

キャニオンを見渡せる展望台がいくつも!

P1060357.jpg
P1060365.jpg
P1060371.jpg
P1060373.jpg
P1060377.jpg
P1060381.jpg

絶景に次ぐ絶景、そして野生の動物達。想像以上のスケールの大きさに終始圧倒されっぱなしでした!
地球の歩き方を熟読しても、見どころの名称が多すぎてイマイチどこでどういうものが見れるのかピンとこなかった私。それはそうです、こんなにスケールの大きなものをギュッと凝縮させるのは至難の業。実際に見てみないとッ!味わわないと!夫とはしゃいで何枚も何枚も写真は撮りましたが、『こうじゃないんだけどなぁ~』って…。技術ももちろんあるでしょうが、カメラで切り取るのがもったいない大自然なんですよ~ッ!!

イエローストーンで忘れてはならないのが、1988年の大火災。山火事が発生し、鎮火までになんと約半年(山火事も自然のサイクルと捉え、あえて積極的な消火活動は行わず)かかったそうです。その名残でしょうか、こんな光景も。

P1060386.jpg
P1060387.jpg

車窓からのの景色の変化を見るのも大きな楽しみの一つ!
雄大な大自然に囲まれて、夫もドライブを楽しんでました~♪

P1060391.jpg
P1060393.jpg
P1060388.jpg

つづく…
スポンサーサイト


No.197 / 旅行 / Comment*0 // PageTop▲

← Yellowstone National Park その③ / Home / Yellowstone National Park その① →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。