in Philadelphia
初めての海外生活日記


プロフィール


cheese steak

Author:cheese steak
2009年夏から約2年間、Pennsylvania大学のビジネススクール《wharton》に留学する夫に付き添って、初めての海外生活が始まります!!

楽しいこと、大変なこと、沢山の新しい経験を通して、見たこと、感じたことを綴ります。

まずは愛すべき日本の生活と、そして渡米準備から Let's start!!



最新記事




最新コメント




最新トラックバック




月別アーカイブ




カテゴリ


未分類 (53)
生活 (24)
文化 (2)
友達の輪 (16)
買物 (3)
食 (5)
準備 (1)
芸術 (5)
MBA繋がり (17)
旅行 (25)
スポーツ (7)
学習 (2)
料理 (19)
楽しみ (25)
習い事 (7)
妊娠ライフ (9)
ベビー生活 (4)


検索フォーム




RSSリンクの表示




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



QRコード


QRコード


--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2009.12.16  終了しました☆ <<23:47


絵の教室、火曜日で全14回終了です。早いなぁ~。
遅刻はあるけど皆勤賞。でも14回も行った感がありません。上達感がありません…、英語の聞き取りの(苦笑)。

その日も聞き取れた英語といえば、『今日は絶対3時に授業を終えなくちゃいけないんだ!音楽をしてる娘の発表会?コンサート?があるから!』という先生の主張のみ…(苦笑)。
最後だし名残惜しんでバイバイ、なんてことはなく、先生はそそくさと足早に去っていたのでした。。。

どうやら最終回はこれまでの自作の絵を持参して、皆で批評会だったようです(苦笑)。
教室に置いていた前回描いた一枚しかなかった私。先週そんな事言ってたんだぁ…、と気分は
描きかけの絵は中途半端もいいところ。徹夜でもしてやればよかったぁ、なんて考えながら時間は過ぎていきました。トホホ…。

それでも他の人の絵を見るのは楽しかったです☆
写真はありませんが、記録として、なんとなく先生が説明していたような事をなんとなく私なりに綴っておきます。全てが不明確なところがもどかしいですが…(苦笑)。

自分で描く時、どうしても一つ一つの物体の色遣いにまず意識が向いていました。でも、実際は、空間をどう見せるか=物と物の関係性を捉えて、それを絵で表現するにはどういう色遣いをするのかを考える、方がずっと重要なんだと。手前にある物と、遠くの物、要研究です!
物体同士の色遣いにも関連を持たせること。Gの作品。赤いリンゴがポツン。確かにモチーフはそうですが、リンゴだけが浮いてしまう。周りに赤いものが実際なくとも、赤い色を使うことでキャンバス内がまとまる。
構図も大切。Gの作品。目線がモチーフより高い=見下ろす角度は自然。Gはあえて奥行きのある物体を選びました。つまり見下ろす角度と奥へ伸びる物体。かなり複雑な構成にチャレンジ!でもこの↓(目線)と↑(物体)が面白い!と先生。
またまたGの作品。窓辺に無秩序に並ぶグラスやポット等アレコレ。これもチャレンジングな作品だ、と先生。つまり、室内の言うならば黄色い部屋の明かり+外からの青みがかった明かり。そして複雑な物体の影。

始めは、静物画~?というイメージだった私。静物画の奥深さ、面白さを知りました。

日本語ならばもっと学ぶことが多かっただろう、というのはさておき、貴重な経験となったことは間違いありません!手元に残った4枚の絵。この教室の思い出に大切にしたいです☆☆☆


No.127 / 習い事 / Comment*0 // PageTop▲

2009.11.24  絵画教室 <<16:30


このモチーフは確か今日で3回目。
残すところ後3回。欲張ってもうあと一枚違う絵を描きたいところです。
ざっと経過のご報告です。

2回目。

IMG_0276.jpg

かつてない大きさのキャンバス(これが普通なのでしょうが…)に、力尽きる(笑)。
ざくっと描くには楽ですが、全体の調和を見ながら・・・と思ってもせっかく作った色も量が少なくて塗り切れず。。。

3回目(今日)。

IMG_0277.jpg

バックの格子状の窓枠。先週適当に放置していたので、あまりにお粗末・・・、ということで描き足しました。あと台座も。
影になる部分の色を修正(先生が!)。透ける色=transparent color(ほとんどの青色・緑と赤は原色ぐらい?あと茶)を乾いた状態の色にのせてペーパーでふき取りながら馴染ませて、最後に透けない色=opaque colorで光と影を適所においてまとめます。
絵具のメーカーによっては透明・不透明の表記がされているブランドも。たしかW○○&N○○、覚えられません(苦笑)。

クラスメートの唯一のおばさまが、『私、飲み物買ってくるけど、誰か温かい飲み物いる人~?』みたいな事を言っていて、目がパチリと合い。。。私にもコーヒーを買ってきてくれました!そしてお金を払おうとしたら『いいのよ Happy Thanksgiving‼』みたいな事を言ってご馳走してくれましたぁ~☆

風景画を2枚描き始めました。さてさて先生に見てもらえるように、コツコツお家でやってみようと思いま~す♪

No.117 / 習い事 / Comment*1 // PageTop▲

2009.11.12  最終モチーフ <<11:15


今週はお部屋の模様替え(絵画教室のことです)。
残すところあと6週…。
ようやく大きなキャンバスを抱えて臨みました☆

この日は色のお話。色相環を見ながらの説明。

赤の補色は緑だとか、黄色の補色は青だとかは確か中学校の美術で習ったような…。
でもその効果までは知りませんでした。
赤い色をより鮮明に赤く見せるために緑を置く。そして赤を強調させたい場合は配置(手前)や分量(面積)で変化をさせる。
更に赤にライトが当たり、赤の色の中でもその部分を強調させたい場合は、光の当たらない赤に緑を混ぜる。

こんな説明だったような。。。

モチーフも変わったことだし、今回は上記のこと、光と影の色使いを学ぶべく、こんな物体を選んでみました。

IMG_2143.jpg

ブロック、布、洋ナシ、ウリ科の野菜(かぼちゃの一種?)、葉っぱ、窓枠のようなもの、台座は大理石。
一つ一つのものを捉えるには良い勉強になりそうです

ちょっと校内紹介。

IMG_2145.jpg
廊下には生徒さんの途中の作品がずらり。

私のクラスは3時までで、すぐに高校生のクラスが始まるので終了間際はいつも片付けにバタバタ
エプロンをつけたまま荷物を移動させ、廊下で身支度を整えるのが日課に(苦笑)。

そんな廊下にもかつての生徒さん作品でしょうか、ずらりと油絵が!

IMG_2146.jpg

美術館も併設されているので、折あれば紹介したいと思いま~す☆



No.108 / 習い事 / Comment*1 // PageTop▲

2009.11.04  絵画教室 <<00:34


もう何度目でしょうか?

9月中旬から通い始めた教室も確実にもう折り返しです。。。
このままなんとなくのコミュニケーションで終わってしまうのは悲しいなぁ。

絵を描くのは大好きなので今後も描き続けたいと思います。
通っている講座は静物画なので、せっかくなら一枚風景画でも描きあげて先生にみてもらいたいなぁ、と思う訳ですが…。

さてさて来週からセッティングが変わるので今日は最終。
といっても前回今回の2回しかないので、実は持参した布とリンゴとお皿で勝手にモチーフを組んでしまいました!そして相変わらずミニチュアサイズ。キッチン横の壁に飾れたらな♪という理由。

今日は先生から、color temprature(色温度)の説明がありました。IMG_1967.jpg

上。温かい色で描いた場合。
このように立方体を描いた場合、上の面が一番明るく、側面、陰になる面と影に色は分かれます。この3面は各々独自のカラーがあるということ。
油彩では単純に一番明るい色を暗くしていくのは間違いです(新発見!)
ついスケッチの要領で色を重ねがちになっていた私…。
色をくすめることなく立体が表現できます。
下。冷たい色。
ブルーは一番冷たい色なので色の差はあまりでない(ということでいいのかな?

あと明度(value)の話もしていました。いまいち飲み込めませんでしたけど…。

まだ完成ではありませんが、アップルです。

IMG_1968.jpg

忘れないように、背景についての先生のアドバイスをコメントしておきます。

最初明るめの黄色を上部に使っていたところ、『一般的に、物体の置かれている面、つまりテーブルとかは手前にあるので温かい色になり、バックは奥にあるから冷たい色になるんだよ』と。
まだ黄色が一番温かいという認識が身についていませんが(赤とかオレンジのほうが温かそうと思ってました)、その解釈からいうと、私は真逆の事をしていたわけです。うむ、なるほど。
あと学んだことといえば、奥にあるものは決して暗いのではなく、、、う~ん、pale消えていく?そしてその位置にある物同士の明度を揃える、ということでしょうか。

ちなみに前回グリーンに悩んでいましたが、明るいブルーと山吹色でいい感じのグリーンが♪
以上、本日の学びでした。


No.102 / 習い事 / Comment*2 // PageTop▲

2009.10.27  批評会 <<23:45


今日は絵画教室。

回数を重ねていますが、先生の言っていることはやっぱりさっぱりわかりません…。
そもそも単語が難しい。。。ぽかん、としてると先生が優しい単語に直してくれるのですが、今日は本当にダメでした。4、5個言い換えられても首を縦に振ることはできませんでした(苦笑)。
くじけずに通いましょ~。

今日まででまたモチーフが変わると思ったのですが、先生の勘違いで来週まで同じセッティングだそうです。
2枚目はそう大きくないキャンパスにごちゃごちゃしたものを描いてしまったので迷宮入り…(苦笑)。
これ以上手を加えないくていいよ、と途中で先生からストップサイン
次回はもっとおっきなキャンバスで臨みたいと思います!

今日は皆の絵をイーゼルに並べて批評会☆

我がクラスには画家じゃないの?と思えるオジサンが一人います。いつも絵の具で汚れた同じズボンをはいているG。50歳位だと思われます。
このオジサンは前後に違うクラスもとっているみたいです。ちゃんとクレジット?要は単位のようなもの?を取得するコースで申込みをしています。
なので先生のFに加え、Gもアドバイスをくれるのです♪
ちなみにGの作品は右の二つ。

IMG_0255.jpg

遠目で見ると今まで見えてなかったことに気づいたり、他の人の作品と並べることで、単独で見るよりも自分の作品がどういう風に見えるかが明らかに。

IMG_0256.jpg

ちなみに左が、いつもSnapple(アイスティー)片手に、メガネにお髭のおじいさん先生F。

右二つは同人物が同モチーフを描いたもの。
実は右が3週かかり、左はものの2時間弱で描いたもの。明らかに左の絵の方が素敵です。う~ん、時間をかければいいといものではないんだぁ。

さてさて私の作品はというと、、、ぼやけてます。。。色に強さがありません。それに生っぽい。う~ん…
その事を伝えたくても言葉が見つからず、でも温かい皆さんからはquietな絵だよ、と。。。
タイプが違うんだ、と言ってくれますが明らかに褒められている気はしません(笑)。
先生からもGからも、加減がわかっていない、というようなことを言われました(?ような気がします)。
これはここで止めて十分だった、途中の色づかいの方が良かった、と…。分かります、ぐちゃぐちゃいじりすぎてしまうですよね。。。

後には戻れないので、結局家に帰ってちょっと修正。
今回はこの辺でストップ!?むしろギブアップ!?

IMG_1809.jpg
このゼラニュウム、3週目にしてついに枯れ始めました…。葉は伸びたい放題になるし…。
右下はソースボード。鏡の上に乗っています。ボール紙のようなものとパールの粒も。
窓辺のラウンドテーブルにセットされてました。

今回はquietな絵ということで自分を納得させましょう。

もっと力強い絵が描きたいと次回に燃える私なのでした。


No.96 / 習い事 / Comment*2 // PageTop▲

 Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。